商標登録よくある質問と答え

 

Q7.拒絶理由通知って何ですか?

 

A7.出願された商標が、商標法で独占排他的な権利を付与して保護するに値し、商標原簿に登録に値するか否か、特許庁で審査されます。特許庁の審査基準に 照らして、登録を拒絶する理由があると審査官が判断した場合に、いきなり審査の結果として拒絶査定するのではなく、その事前に、その拒絶理由を出願人に対 して、通知することをいいます。そして、一定の期間(通常40日)を指定して出願人に意見書を提出する機会が与えられます。

よくある質問のページに戻る

 

PageUP