商標と商号の違い

 

商標とは、商号、ブランド名、商品名などが、商品やその包装に表示されている状態のものをいいます。誰が製造・販売する者であるのか、誰がその商品の品質を保証する者であるのか、を需要者に一目瞭然に知らせるものです。

自然人であれば誰もがその氏名を持つように、法人であればどの法人も自らを特定する名称を持ちます。これが商号で、その名称に過ぎません。例えば、会社組織の場合には、いわゆる社名がそれに該当します。
他方、商標は、文字や記号を上記のような目的に使用しているものをいいます。そして、使用することについて、排他的独占権が商標法により付与されるのです。
つまり、たとえ商号を法務局に登記したとしても、原則として独占排他権(自分のみが使用できて、他人の使用停止を求めたり、損害賠償請求をしたりする権利)は直ちには発生しません。
これに対して、商標登録すると、原則として独占排他権(自分のみが使用できて、他人の使用停止を求めたり、損害賠償請求をしたりする権利)が発生します。
したがって、商標登録すると日本全国で独占排他的に使用できる強い権利が発生します。

 

PageUP