商標権

 

商標権とは、登録を受けた商標を指定商品、又は役務に、商標権者のみが独占排他的に使用することができる権利をいいます。

商標権者以外の者が、登録を受けた商標又はそれと類似する商標を、指定商品指定役務又はこれに類似する指定商品指定役務に使用すると、商標権を 侵害することになります。商標権者は、商標権を侵害する者に対して、侵害する行為の停止(いわゆる差止め)を請求できます。商標権を侵害することが、商標 権者に損害を与えている場合には、商標権者は、商標権を侵害する者に対して、損害の賠償を請求できます。
これを商標権の権利の行使といいます。

商標権者が商標権を侵害する者と交渉して、差止めや損害賠償について、合意が得られない場合には、商標権者は、裁判所に訴え出ることができます。裁判で、訴えに理由があると認められれば、差止めや損害賠償について、法的強制力のある判決を得ることができます。

商標権は物権と同じように譲渡することができます。事業の譲渡などに伴う通常の商標権の移転は、特許庁に登録をしなければ有効とはなりません。 また、企業のM&Aのように、商標権者そのものが買収される場合には、いわゆる、一般承継に該当し、登録がなくても移転は有効となります。この場 合には、遅滞なく特許庁に承継の旨を届け出ることが必要です。

 

PageUP