商標権の侵害

 

商標権は排他的独占権ですから、商標権者以外の者が、登録を受けた商標を、指定商品、又は指定役務に使用すると、商標権を侵害することになります。そして、類似する商標を使用する場合も、類似する商品、又は役務に使用する場合も、商標権の侵害となります。

 

登録商標と指定商品、又は指定役務の組み合わせを右表のように見ると、同一同士の場合(専有範囲)と、同一、又は類似する同士の場合(禁止範囲)が商標権の侵害となる組み合わせです。

 

登録を受けた商標がたまたま類似していると、出願の前から使用していたとしても商標権者以外の者は使用できなくなるという、登録を受けない場合のリスクがあります。ただし、出願の前から、需要者に広く知られている場合には、商標権者以外の者でも使用する権利を認められる場合がありますが、裁判で認められるハードルは高いといえます。
また、自分の氏名を含む商標を使用している場合、他人がたまたまそれに類似した商標を出願して登録を受け、商標権者となることがあります。この場合には、商標権者以外の者が自分の氏名を含む商標を使用しても、原則的には商標権の侵害にはなりません。
商標が類似しているか否か、商品が類似しているか否か、侵害になるか否か、など専門的で経験を要する判断ですので、お気軽にご相談いただきたいと思います。

 

PageUP